専業主婦 借り入れ即日

総量規制対象外カードローンの証明書提出の条件について

総量規制対象外カードローンは、規制があるカードローンよりも、収入証明書の提出条件がゆるくなっています。
総量規制対象のローンでは、50万円を超える融資をするとき、他のローンとの残高が100万円を超える融資となるときの2つの場合に、収入証明書の提出が必要になります。
総量規制対象外は、条件を銀行ごとに決めていますので、概ね100万円程度までなら証明書不要で申し込めるようになっています。
ただし、証明書不要となる条件は、金融機関ごとに異なっていますので、希望額に応じて総量規制対象外カードローンを選ぶようにしましょう。

 

100万円まで証明書提出なしのカードローン!

 

収入証明書の提出条件が「100万円まで証明書不要」となっているのは、三菱東京UFJ銀行バンクイックと新生銀行レイクの2つです。
どちらも100万円までは源泉徴収票などの提出が不要ですので、面倒な書類を用意せずに申し込めるようになっています。
ただし、100万円を超える希望額のときは、提出条件によって書類が必要となります。
希望額100万円を超える場合は、別の総量規制対象外カードローンを選ぶようにしましょう。

 

証明書提出の条件が最もゆるいカードローンは?

 

収入証明書の提出条件が最もゆるいのは、三井住友銀行カードローンと楽天銀行カードローンです。
どちらも「300万円まで証明書不要」となっていますので、本人確認書類の用意だけで申し込めます。
本人確認書類は、運転免許証や健康保険証などのことですので、今すぐ用意して申込むことも可能ではないでしょうか。

 

個人事業主の書類の提出条件について

 

総量規制対象外カードローンの中には、書類の提出条件について、「個人事業主、会社の代表者は、提出が必要!」となっている場合があります。
すべてのカードローンではありませんが、例外的に個人事業主や会社代表者は、書類の提出が必要になっている場合があります。
カードローン会社の公式サイトをよく確認し、必要になるかどうかを調べた上で申込むようにしましょう。